医薬翻訳者の洋書キッチン/ The Book Kitchen

翻訳者による洋書レビュー / Book review by a medical translator

[本紹介 / Book Review] The Book Thief by Markus Zusak

f:id:AKIRAunderthetree:20180826171003j:plain

 

日本語

 

こんにちは、雷で窓がぶるぶるしてます、Aki です。

 

1回目の書評は、"The Book Thief" 、邦訳では「本泥棒」です。

1、2年程前に読んだのですが、好きな本なので紹介します。

 

ナチス政権下」の話です。

字が読めない女の子(読めるように勉強していきます)が主人公です。

 

Aki は、重い小説が苦手です(物理的な重さではなく)。ドラマや映画でも初めから終わりまで何事もなく、心をざわつかせるものがないものが理想です(一般ウケはしなさそうですが)。

 

道尾秀介さんの小説いいですよね、凄いですよね。でも重い話も多いですよね(以前、よく読んでいました)。

Aki は心の平穏を取り戻すため、ワンピースやキングダムなどの漫画を手元に用意していました。

 

"The Book Thief" が好きな理由、それは、重くなりがちなストーリーを軽やかな読ませる仕掛けがしてあるからです。

 

そう、語り手が「死神」なのです

死神は人間に感情移入しません。人間にとっての悲劇は、死神にとっては喜劇にも見えるのかもしれません。

 

女の子は文字を覚えていきます。本に出会います。小さな冒険をするかもしれません。大切な人にも出会います。悲しい出来事もあるかもしれません。

 

死神が紡ぐストーリー、それが "The Book Thief" です。

 

あ、映画もあります、ちなみに。

 

 

 

 

 

The Book Thief: Includes special chapter from BRIDGE OF CLAY

The Book Thief: Includes special chapter from BRIDGE OF CLAY

 

 

 

本泥棒

本泥棒

 

 

 

English

 

Hi, it's Aki. Wow!, what a terrible thunder outside....

 

Here is my first book review: "The Book Thief"

 

I read this book 1, 2 years ago. Still, I really like this book, so let me introduce this one as my first book review.

 

This is a story of a girl, not literate in the beginning, in Germany before and during the WWII.

 

I usualy need much energy when I read a sad, tragic, or depressed story. So, I always have comic books like "One Piece, Naruto, etc." so that I can fix my mood after reading sorrowful stories.

 

I didn't expect that "Death" who narrates this story saves my mood. Because "Death" doesn't have heart like humans, this narrator gives even some humor in this story.

 

Just read and see how this girl experiences her life. 

 

You can also watch DVD, by the way.

 

 

Bye-Cha!