医薬翻訳者の洋書キッチン/ The Book Kitchen

翻訳者による洋書レビュー / Book review by a medical translator

発音 / アクセント / イントネーションの違いとは? 通じる英語、通じない英語

 

f:id:AKIRAunderthetree:20181129165745j:plain

こんにちは、近々引っ越しします、Aki です。

 

今日は、イントネーションの大切さについてのお話。

 

 

発音 / アクセント / イントネーション

 

日本では、アクセントもイントネーションもまとめて「発音」と呼ばれることが多い気がします。

「あの人発音がいいね」は文章全体、会話全体を聞いてのことがほとんどです。

 

発音 / アクセント / イントネーションの違いは分かりやすく説明すると:

 

  • 発音は th、f、r、などの一つ一つの音
  • アクセントは、単語のどこを強く発声するか
  • イントネーションはフレーズ、文章全体、の抑揚、リズム

 

アクセントとイントネーションは英語でも同様に扱われていることもあります。

 

あるある体験談

 

留学生時代に聞いた話、自分で経験したことをちょっと紹介します。

 

  • アメリカに来て間もない日本人が、現地の人に英語で話しかけました。その日本人は英語で話しかけたのですが相手には通じず、「ごめんなさい、私スペイン語は話せないんです」という返事が返ってきたそうです。

 

  • 自分の経験です。当時、寮に住んでしました。ベッドでうとうとしていたら、廊下の遠くの方から、日本語の会話が聞こえてきました。日本人がこの寮にいるのは珍しいな、と思いながら2人が自分の部屋の前に近づいてくるのをずっと聞いていました。ただ、話している内容が聞き取れず、彼らが部屋の前に来た時にやっと気づきました。韓国語でした。

 

英語で話したつもりが英語だと思われなかった、というのは聞いたことがあるかもしれません。

 

年齢の小さい子供、年配の方には特に英語が通じないことがある、というのは周りからよく聞きました。

 

なぜ通じない?

 

留学生時代に気付いたことがあります。

 

それは、日本語では一文字ずつはっきりと発音するのが重要

「はっきりと喋りなさい」というのは、子供の頃からよく聞くフレーズです。

抑揚、リズムは関係ありません。はっきり喋れば喋るほど理解しやすくなります

 

英語では、フレーズごとのリズムが重要。つまり、イントネーション。

Can I have your name please? と話す時、「キャナ ・・ ハ ・ name ・・ プリ ・?」と、リズムがしっかりと英語の抑揚なら、カタカナで書いた箇所と name だけ聞き取れれば文章全体で何を言ったのか理解できます。

逆に、日本語抑揚の調子で一文字ずつ、はっきりと話せば話すほど理解され辛くなります。

 

掘った芋いじんな(What time is it now?)」はリズムで理解している典型ではないでしょうか。一文字ずつ、単語単位で聞いているわけではない、ということを証明しています。

 

自分の英語が通じるな、と感じ始めたのはこれらのことに気付いてからです。

 

自分が韓国語を日本語と勘違いしたのは、イントネーション(抑揚の有無)が似ていたためです。文字、単語単位ではなく、リズムや抑揚で判断していたんですね。

 

もちろん、日本語でもリズム、抑揚で判断することもあります。

水曜日のダウンタウン」という番組で、「よ」と「す」が合っていれば「よろしくお願いします」と通じる、という検証がありました。

 

英語の場合はそれがかなり顕著で、定型表現以外にも当てはまります。

 

大切なのは

 

もちろん発音も大事です。

lice と rice、sit と shit は有名ですが、誤解を生む可能性があります(現実には、文脈、その場の状況というのがあるので大体問題ない)。

 

ただ、イントネーションが日本語に引っ張られ過ぎると、誤解以前に理解してもらえません

 

自分は翻訳者なので英語を話す機会はほぼありません。

それでも、趣味などの関係で英語を話す時が数か月に数度あります。

 

その時に自分が唯一気を付けることは、イントネーションです。

イメージの話なので言葉にするのが難しいのですが、「口、喉にバネを装着する」イメージを使います(多分誰も理解できないです)。

 

イントネーションの練習

 

American Accent Training

American Accent Training

 

 

自分が使っていたのがこれです。

 

American Accent Training: With Downloadable Audio (American Accent Traning)

American Accent Training: With Downloadable Audio (American Accent Traning)

 

 

改訂版でしょうか?音声がダウンロード出来るみたいです。

 

発音も練習は出来ますが、こちらの本では若干分かりにくいかもしれません。

今は YouTube も充実していますし、日本語の市販の本でも発音に関してなら他に色々勉強方法はあると思います。

 

ちなみに

 

日本にいる海外の方には日本語訛りたっぷりの英語でも結構通じます(特に英会話学校の先生など)。

理由はシンプルで、日本語のイントネーションに慣れているからです。

 

今思い出しました、自分が発音の勉強に使った教材。

 

英語発音教材 ネイティブ並みの発音、英語耳、英語脳が同時に身に付くDVD(ビデオ)-スギーズPERシステム

英語発音教材 ネイティブ並みの発音、英語耳、英語脳が同時に身に付くDVD(ビデオ)-スギーズPERシステム

  • 作者: 杉本宣昭,有)スギーズ英語発音教育センター
  • 出版社/メーカー: 有)スギーズ英語発音教育センター
  • 発売日: 2004/05/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

値段高いですね。。。

この教材で発音に関しては完璧になれます。分かりやすさは抜群です。

今はこれ以外にも良い教材はたくさんあるはずです。

 

習得の難しさですが、発音はそれほど難しくありません。

イントネーションは、難しいです。

 

通じる程度に勉強していきましょう!

勉強とは言いましたが、歌のレッスン感覚です。