医薬翻訳者の洋書キッチン/ The Book Kitchen

翻訳者による洋書レビュー / Book review by a medical translator

[本紹介 / Book Review] The Sidekicks Initiative by Barry J. Hutchison

f:id:AKIRAunderthetree:20181019102836j:plain

 

日本語

 

こんにちは、カフェインレスコーヒーをプラセボ効果期待して飲む Aki です。

 

今日は未邦訳作品、"The Sidekicks Initiative" です。

 

「サイドキック」というのは、辞書を引くと相棒とあります。

ただ、日本人にはイメージしにくいかもしれませんが、特に、スーパーヒーローの相棒を意味しています。海外にはスーパーヒーローものの漫画、アニメが数多くあり、そこにはサイドキックと呼ばれる人達が登場するわけです。

 

大人気漫画「ヒロアカ」でも出てきます。

 

本の内容ですが、ばりばりのコメディー作品です。

 

作者の Barry J. Hutchison は他にシリーズ作品もあり、そちらもコメディー色が強いらしいです。

 

Aki は Kindle に4作品程すでに入れました。

完全にファンです。

 

登場人物は主に3人です。1人ずつ能力は、

  • アレルギーを引き起こす
  • 蝶々とコミュニケーションが取れる

です。

 

こういう作品は邦訳しづらいはずです。作風どうとかでなく、英語のニュアンスを伝えるのが不可能に近いのでは、と思います。英語では自然に聞こえるジョーク、フレーズが日本語になった瞬間、あざとく聞こえたり、わざとらしく聞こえたりします。

 

本の内容に戻りますが、「何これ?」ですよね、能力を見る限り。

 

スーパースーツみたいなものがあります。

衝撃から身を守ってくれます。

でも、これ国の特殊隊員に着せた方がいいのでは?と思うぐらい3人とも弱いです。

実際、街で不良達と戦います。トレーニングとしてです。スーパーヒーローが、です。

結果的には勝ち?ますが、それでもやっとです。

 

あらすじも、実は特に書くことがありません。

わっちゃわちゃしながら、悪と戦う話です。

 

こちらからは以上です。

 

 

The Sidekicks Initiative: A Comedy Superhero Adventure (English Edition)

The Sidekicks Initiative: A Comedy Superhero Adventure (English Edition)

 

 

English

 

Hi, it's Aki, drinking decaf coffee expecting a placebo effect.

 

Today I talk about this book, The Sidekicks Initiative authored by Barry J. Hutchison.

 

Absolutely LOL-book.

 

There are 3 main characters. They are used to a sidekick, but now for some reasons they have to fight as a super hero.

 

Don't worry! they have super powers, of course, which are:

  • cause an allergy
  • communicate with butterflies
  • ?

What are they supposed to do with these super powers? Actually, I don't know I can even call these super....

 

Anyway, it's funny and full of jokes.

You have a bad day, and read this book. That'll do!

 

Let's get random!

 

Bye-Cha!

 

医薬翻訳の勉強法

f:id:AKIRAunderthetree:20181016014115j:plain

こんにちは、首が鳴る鳴る、Aki です。

 

新しいカテゴリー作りました、その名も「医薬翻訳」。

仕事中にふと思いついたことをつらつらと書いていくだけ。

 

 

これまで

 

  • DHC の日英メディカルコースを受講。文系出身の自分にとっては役に立ちました。本当に何も知らない自分にとっては、医薬英語の基礎を教えていただきました。当時は量が多いなと思いましたが、今ならあっちゅう間ですね。この時期、解剖生理、薬理学、生物学を入門レベルで勉強好きになるシリーズなど)
  • 次に医薬専門翻訳学校。ちょっと変わった学校で、ある医薬の分野に特化してるため、当時は仕事に直結するのでは?と思い決断。DHC 効果のおかげで、元々の英語力も少し手伝い(米国大学出身なので)、クラスでは優秀でした。ただ、特殊分野に特化しすぎていて、一般的な医薬翻訳はあまり身に付きませんでした。でも、雰囲気はめっちゃいい。ちなみに基礎医学の時間も毎回あります。
  • 翻訳学校卒業前に翻訳会社に応募、トライアル合格アメリア経由です。トライアルは DHC 効果ですね。チェッカー兼翻訳者として入社。1,2か月程、IT、化学分野で「Tradosを使った何と呼んだらいいか分からない仕事」や翻訳など。その後、医薬文書のチェック(プロトコルCSRなど)。半年弱で退社。この期間で自分にとって何が一番役に立ったかと言われれば、部署に置いてあった、「薬事・申請における英文メディカル・ライティング入門 」4冊と AMA Manual of Style。休み時間はずっと読んでました。この期間、AMWA (American Medical Writers Association) のテキストをセットで購入。
  • 退職後、お世話になった翻訳学校(主催会社)のトライアル挑戦、合格。やはり最初は様子見で分量の少ない案件。期間も2,3週間空いたり。徐々に分量の多い案件を頂くようになる。フリーランス翻訳者ここに誕生
  • 1週間程前、外資系翻訳会社のトライアル挑戦、合格。追加でトライアル受けませんか、と言われるが、仕事が忙しくて来週まで待っていただいてる状態。

 

翻訳の勉強し始めてここまで来るのに1年と半年程。ただ、洋書をそれ以前から読んでたのは非常に大きい。

 

役に立ったもの(テキスト)

 

  • DHC の日英メディカルコース
  • 薬事・申請における英文メディカル・ライティング入門 4冊
  • AMWA (American Medical Writers Association) のテキスト
  • 解剖生理、薬理学の本(?)

 

一般的?に言われているような、医学的知識今のところ自分に役に立っているのか分かりません。一度、遺伝子のことで困ったことがありましたが、専門的すぎプラス最先端のことなので本での勉強は役に立ちませんでした。それでもネットで解決です。なので本当の基礎レベルで十分だと感じています。

 

役に立っているもの(ツールなど)

 

  • イートモ
  • 研究社オンラインディクショナリー
  • ライフサイエンス辞書
  • エクセルでの自前辞書(徐々に)

 

ツールとは呼ばないですね。仕事をする時にパソコンで立ち上げます。

翻訳学校通う前など、ネットで調べた結果、物凄い数の辞書などが必要だと思っていましたが、あーーー!本当お金無駄にした!!2万以上ぐらい無駄に捨てたかもしれません。

 

上の3つで自分には十分です。ライフサイエンス辞書なんて無料ですよ!?10万以上の価値はあります

 

仕事を始めると、特殊な用語に出会うため、試行錯誤しながらエクセルで用語をためています。もの凄く質素なものですが。

例えば、「一変」は調べるのに30分以上かかりました。Partial Change Application (PCA) です。今思い出しましたけど、「マル貯」の英訳って何ですかね。入力し忘れました。これも相当長い時間かけて調べた記憶があります。

 

 

これまでに役に立った勉強

 

  • 洋書読書(フィクション・ノンフィクション・雑誌・オンライン記事)(60%
  • 英語速記30%
  • DHC の日英メディカルコース+薬事・申請における英文メディカル・ライティング入門+AMWA10%

 

英語速記というのはネットで見つけた英語の勉強方法で、松本亨さんという方が提唱したものらしいです。自分流のやり方を簡単に言うと、

  1. ワード開きます。
  2. 読んだ本の感想などを1時間、猛スピードでひたすら打ち込みます。
  3. ファイル名は、打ち込んだワード数。

これだけです。自分は、ヤングアダルト向けのフィクションの感想も全てメディカルライティングのスタイルを使います(コロンやセミコロン使ったり)。

 

ただ、これやり始めたのははごく最近です。

でも効果はすごいです。もっと前に出会っていたかったです。

 

で?

 

日英翻訳に関しては、純粋な英語力

日本語の読解能力に関しては、よく分かりません。

洋書読みまくっているせいで、不自然なニュアンスで英文が仕上がると、どこかでしくじっているということは少なくとも分かります。ピリッ!きます。

洋書でも「読解力」はつきます。もちろん日本語力はつきません。

 

医薬とは全く関係のない、普通の文章で時間が取られる自分は本当に未熟だと思います。例えば、「XXXX が起こる場合 と YYYY が起こらない場合の事態を想定しなければ....」など医学用語が何も絡んでないところで時間を使わないのが今の目標です。

まだまだ洋書インプット、アウトプットが足りてない

 

今回は自分の勉強方法を整理するためでもあります。

当然、勉強方法は人それぞれ。

自分に合ったやり方を早く見つけることが重要ですね。

 

薬事・申請における英文メディカル・ライティング入門 I改訂版

薬事・申請における英文メディカル・ライティング入門 I改訂版

 

 

 

薬事・申請における英文メディカル・ライティング入門 II

薬事・申請における英文メディカル・ライティング入門 II

 

 

 

薬事・申請における英文メディカル・ライティング入門 III

薬事・申請における英文メディカル・ライティング入門 III

 

 

 

薬事・申請における 英文メディカル・ライティング入門 IV

薬事・申請における 英文メディカル・ライティング入門 IV

 

 

 

 

[本紹介 / Book Review] Brainstorm by Suzanne O’Sullivan

f:id:AKIRAunderthetree:20180927230451j:plain

 

日本語

 

こんにちは、ようやっとこの季節になりましたわ、 Aki です。(詳しくは英語を見てね!)

 

今日は Brainstorm by Suzanne O'Sullivan です。未邦訳。

今後も邦訳はされないかもしれません。

 

突然ですが、幽霊は信じますか?霊感はありますか?神は信じますか?

 

超常現象にも思われるこういった謎を、脳神経の見地から、著者の経験した症例を元に解き明かしていきます。

 

具体的には:深夜目を覚まし、顔は壁を向きそこに指を指す、ドワーフ(小人族)が見える、突然走り出してしまう、など。

 

サブタイトルでは Detective Stories from the World of Neurology とありますが、謎解き要素は基本的には無く、癲癇の話です。ただ、なぜ癲癇が引き起こされるのか、という所は掘り下げられていきます。

 

本を読んでいる間、どうしても人類の歴史を思い出さずにはいられませんでした。

魔女狩りエクソシスト狐憑きなど。

 

ストレス性による癲ならば確かに効果はあったはずで、救われた人もいたでしょう。

 

過去の無知は仕方がないとして。

現在の医学では、幽霊が見える原因もおおよそ分かっています。原因といっても人、環境、様々あり、脳だけではありませんが。

霊感商法が現代にまだあるのかどうかは分かりませんが、知識はやはり力ですね。

 

幽霊は信じちゃいけません!でも畠中恵さんとかめっちゃ好き。

 

Brainstorm: Detective Stories from the World of Neurology

Brainstorm: Detective Stories from the World of Neurology

 

 

English

 

Hi, it's Aki, chilly-lover not chili-lover nor Chilie-liver nor whatever.

 

I really like this book, Brainstorm written by Suzanne O'Sullivan.

 

I'm a medical translator, so I just cannot stop reading this kind of book.

 

Do you belive in ghost or supernatural phenomenon?

 

As in the subtitie: Detective Stories from the World of Neurology, from a standpoint of neurology, the author describes cases that she experienced in the clinical practice.

 

What kind of cases/mysteries?

 

Such as: 

1. A boy sitting upright at midnight with his head turned so that he was looking over his left shoulder, His left arm was oustretched and he was pointing with his index towards  spot on the wall.

 

2. A guy who sees dwarf clearly.

 

3. A woman who suddenly starts running.

et cetera....

 

While I was reading this book, I couldn't help thinking about witch-hunting or an exorcist.

 

How many innocents have been killed because of mere ignorance?

And maybe these ignoranct actions still can be seen even today anywhere in a different way.

 

Umm....expecto patronum!!!!

 

Bye-Cha!

[本紹介 / Book Review] Animal Farm by George Orwell

f:id:AKIRAunderthetree:20180915171039j:plain

 

日本語

 

こんにちは、休日なく仕事し続ける Aki です。

 

前回に引き続き George Orwell の作品、"Animal Farm" 「動物農場」です。

 

100ページ満たない作品ですが、個人的には "1984" よりメッセージ性を強く感じました。

 

農場の動物達が人間を追い出して、自分達のみで生活していきます。

 

特にテーマも与えず、ピクサーにこの筋書きのみで作品を作らせたら全く別の物語になりますね。観てみたい。

 

話が短くてシンプル、分かりやすい。

だから彼の訴えかけるメッセージがシンプルにガツンときます。

 

ぶひぶひ。

 

Animal Farm (Penguin Essentials)

Animal Farm (Penguin Essentials)

 

 

 

English

 

Hi, it's Aki, fighting for endless working.

 

Today I introduce another work from George Orwell, "Animal Farm".

 

Unlike "1984", this book has less than 100 pages.

 

Simple concept, simple plot, and story, but....

Not without a soft message at all.

 

Animals in the farm chase off all humans from the farm to establish their own world.

 

In this simple story, George Orwell shows us how human beings can become so avaricious. 

I also found the fear of ignorance in this story.

 

oink. oink.

 

Bye-Cha!

 

 

 

[本紹介 / Book Review] 1984 by George Orwell

f:id:AKIRAunderthetree:20180901154233j:plain

 

日本語

 

こんにちは、早く人間になりたい!、Aki です。

 

今日はジョージ・オーウェルの "1984"、「1984年」を紹介します。

 

有名な作品です。

先月、"Animal Farm" 「動物農場」とともに初めて読みました。

 

メッセージ性の強い作品です。

 

完全な監視社会

話す言葉、書く内容にも自由は認められない。

ありとあらゆる記録は書き換えられ、出版物に使用される言語も数を減らしていく。

言語を統制していくことにより、思想の管理を目指していく。

 

二重思考」は作中に出てくる概念で、ざっくり言うと「言ってることとやってることが違う」みたいなものです。

 

語弊はあるかもしれませんが、「ドラマを観ていて、ささいなことが気に食わないという理由でいじめをする人間に憤る。けれども現実では、あの人のあそこが気に入らない、という理由で憤っていた人間と同じ行動にでる。」のイメージです。

 

映画や舞台にもなっています。

 

内容は比較的重いですが、文体は非常に読みやすいです。

暗い内容ですが、ものすごく楽しめました。

読んで良かったと思えた作品です。

 

 

1984

1984

 

 

 

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

 

 

 

1984 HDニューマスター版 [Blu-ray]

1984 HDニューマスター版 [Blu-ray]

 

 

 

1984 HDニューマスター版 [DVD]

1984 HDニューマスター版 [DVD]

 

 

 

English

 

Hi, it's Aki, so happy finding nice bakery shop neaby my home.

 

Today I review "1984" written by George Orwell.

 

"Big Brother is watching you."

 

There is not freedom in your conversations and writtings.

Even facial expression is surveiled. 

 

Who can you trust? Nobody knows.

 

"Doublethink"

 

Doublethink makes you accepts contradictions, holding 2 opposing ideas to be both true: No logic in it.

 

I was awe of George Orwell for having predicted and foreseen the current world.

"1984" gives anyone who live a current life food for thought.

 

Bye-Cha!

 

 

 

 

 

 

 

[本紹介 / Book Review] Maus by Art Spiegelman

f:id:AKIRAunderthetree:20180829215718j:plain

 

日本語

 

こんにちは、近所の猫には挨拶をしていくスタイル、Aki です。

 

今日は漫画を紹介します。"Maus"、邦題は「マウス」です。

1巻、2巻からなり、Aki は洋書のセールでこの本を発見し、セットになっていたものを買いました。この本のことは知ってはいましたが、日本の漫画のタッチになれているため、手を出すことに躊躇していました。ピューリッツァー賞受賞。

 

ユダヤポーランド人である父親の記録です。

ナチス政権下、ホロコーストの時代を生き抜いた父親に息子がインタビュー。その内容を漫画にしてあります

 

ユダヤ人はネズミ、ドイツ人が猫、ポーランド人が豚の顔で描かれています。

 

ナチスホロコーストをテーマにした本の場合、「誰の視点なのか」、「どうやって物語を綴っていくのか」などで類書と違いを生み出すのだと思います。

その意味でこの本が斬新です。

 

漫画で描かれているため、読むのエネルギーはそれほど必要ありません。

皆さんもいかかでしょうか。

 

 

The Complete MAUS

The Complete MAUS

 

 

 

マウス―アウシュヴィッツを生きのびた父親の物語

マウス―アウシュヴィッツを生きのびた父親の物語

 

 

 

English

Hi, it's never-forget-to-say-hello-to-a-neighborhood-cat Aki.

 

Today I review a comic book "Maus". There are 2 volumes and I bought the complete set.

 

I've never tried any comic books written in English mostly because of the illustration they draw. Those were not much my taste. I didn't disliked it, but I'm too much used to Japanese comics. 

I found this book sold at some discount in a book store, so I instantly leapt into it.

 

This books is about a Horocaust survivor Vladek Spiegelman (Polish Jew) who experienced countless hardships and also went through suffering time in Auschwitz.

 

How was the life during the WWII in the Poland? (and how was the life changed?)

How did he managed to survive the Auschwitz?

 

Worth to read it.

 

Bye-Cha!

 

[本紹介 / Book Review] To kill a Mockingbird by Harper Lee

f:id:AKIRAunderthetree:20180827195545j:plain

 

日本語

 

こんにちは、インスタントコーヒー選びに時間をかけてます、Aki です。

 

今日紹介するのは、"To kill a Mockingbird"、邦訳「アラバマ物語」です。

 

有名な作品です。

アメリカの高校では必読書、などと聞くこともあります。

 

この本のことは名前は聞いたことはありましたが、あまりに有名な文学作品でなんとなく敬遠していました。高尚な作品すぎると自分の場合は楽しめないかな、と考えていました。

 

数か月前に読んだのですが、ズバリ面白かったです。

 

今年書かれた作品、と紹介されても違和感を感じないほど、文体などに古臭さを感じさせません。

 

何より読みやすさ

今の時代に好まれるような(特に日本で)、軽いタッチで描かれています。

 

テーマは人としてのあり方、人種差別です。

ただ、重くありません。

 

Aki は本を読んだ後、図書館で DVD を借りて観ました。

先に DVD を観た後、本を読んでもいいと思います。

 

ちなみに続編が数年前に出たのですが、評価が分かれています。

"Go Set a Watchman" です。邦訳では「さあ、見張りを立てよ」。

「読まなければ良かった」という声も少なくないそうです。

 

ある意味、この作品の素晴らしさを証明していますね。

 

To Kill a Mockingbird

To Kill a Mockingbird

 

 

 

アラバマ物語

アラバマ物語

 

 

 

アラバマ物語 [DVD]

アラバマ物語 [DVD]

 

 

 

 

Go Set a Watchman

Go Set a Watchman

 

 

 

さあ、見張りを立てよ

さあ、見張りを立てよ

 

 

English

 

Hi, it's Aki, taking too much time for choosing a instant coffee.

 

I read "To Kill a Mockingbird" several months ago.

 

Many of you guys, if grew up in America, might've already read this book in high school.

 

Although I knew this book is a classic and kind of a must-read one, I avoided reading it just because this book looked too dry to me.

 

I was simply betreyed in a good way.

I simply enjoyed the story without any stress.

 

The theme of this book is racial discrimination: this was one of the reasons I avoided this book because I usually read books for fun or at least for my study.

 

I felt like reading a novel published within a few years; "To Kill a Mockingbird", the storytelling, does not get aged

 

I also watched the DVD as well and enjoyed it as well.

 

There is a sequel to "To Kill a Mockingbird": "Go Set a Watchman".

A guy who told me about this new book said he didn't have a courage to try it because of the too much negative reviews.

 

Should I?

 

Bye-Cha!